近距離の単身引越し見積もり料金を相場より安くできたおすすめ方法

単身引越しで、しかも近距離の場合ってとにかく安くしたい。

そもそも家族引越しと比べて荷物量も少ないし、移動距離が短いんだから安くして欲しいというのが誰しもの願い。

私も都内の同じ区内で超近距離引越しをした時に、ただでさえ引越し先の敷金とか礼金とか諸費用がかさんだので、せめて引越し料金はと思い作戦を練って費用削減に取り組んでみました。

結果、考え抜いた方法が劇的に効果を発揮、10万円の見積もりが2万円まで下がって格安で引越しできました。

この体験談をシェア。これから市内や区内、県内など短距離で引っ越しする方のお役にきっと立ちますよ。

まずは各引っ越し業者へ電話を

とりあえず相場的にどのくらいの料金になるのか相場観を知るため、安くできる可能性が高いメジャー引越し業者へ電話。

条件が下記。

近距離引越ししたときの条件
  • 移動距離:約5km(都内同区内)
  • 間取り:1DK
  • 荷物量:ダンボール20箱、ベッド、冷蔵庫(小)、洗濯機、机、椅子、その他
  • 荷物量:ダンボール20箱、ベッド、冷蔵庫(小)、洗濯機、机、椅子、その他

この状況を見て個人的な予想は「大体5万円くらいに収まるか?」と考えていました。

それがどうなのか、実際どのくらいの料金を伝えてくるだろうかと下記の業者へ電話連絡してみることに。

  • クロネコヤマト
  • 日通
  • サカイ引越センター

単身といえば代表的なのはこの3社だろうと思い、それぞれ電話してみました。その結果が下記。

クロネコヤマト

「単身サービスだと大体ですが4~6万円くらいだと思います。見てみないと分からないですけど。」

ふむふむ、大体想定通りの金額。とりあえず候補としては確保。

日通

「とにかくまずは現場見せてほしいです。現場見ないと正確には見積もり出せません。」

結構これの一点張り。ぜひ行かせてほしいと。そう来るのは知ってる。だけどこっちとしても概算だけでもいいから教えてほしい。

ざっくりで構わないと超食い下がった結果で出てきたのが約8万円と。

高い!日通の単身パックって安いイメージだったのに…

ということで次。

サカイ引越センター

「必ず安くしますのでまずは現場を見させてください。見ないことには見積もり料金出せないんですよ」

やはりそうきますよね。サカイさんも散々粘ったんですが、結局料金は出してもらえず。

もっと電話してみようと思ったんですが、お互いに建設的な状況にはならないかなと判断、3社でストップ。

電話しても埒が明かないと判断、出した結論は「とりあえず呼べるだけ呼ぼう」ということに。

というわけで「全業者同じ日の同じ時間帯に集まってもらう」という業者泣かせの作戦に打って出ることにしました。

いつも使っている一括見積もりサイトで依頼

ワタシが引越しのたびに使っているのがライフル引越しという見積もりサイトなんですが、ココ、かなりおすすめです。

一括見積もりサービスの中で唯一赤帽さんが入っているサイトなんですよ。

特に近距離引越しの場合に赤帽を使うことで格安料金で済ませられる可能性があります。

ライフルを使って電話連絡がきた業者は全部で8社だったんですが、全部同じ日程の同じ時間に来てくださいと、しれっと伝えました。

日程が合わない、って業者は「じゃあいいです」と断りました。結果5社が来ることに。

電話するのが嫌だと言う場合は

一括見積もりってめちゃめちゃ電話かかってくるのがウンザリ」っていう意見、凄い分かります。誰だって嫌です。

だけど結局今の引越しって電話受けて現地見てもらわないと正確な見積り料金って出ない。現地見積もりが必須の仕組みになっています。

でも”たった1時間くらい鬼電我慢するだけで料金が激安になるなら別によくない?”っていうのが個人的考え。

要は「嫌だ」っていう自分の気持ちを1時間だけグッと堪えたらいいだけです。それで費用を下げられるのであれば全然問題なし。

嫌だっていう手間と、費用を下げるかのどっちを取るかという選択だけです。

5社が狭い部屋の中で入り乱れて現場はすし詰め状態

同じ時間に一気に引越し業者を呼び寄せるって恐らくほとんどの人がやっていないのではないでしょうか。

1DKの狭い女性の部屋の中を5人の男性が入り乱れて見積もり査定している状況、思い浮かべてみてください。

引越し業者は後出しジャンケンで勝負を決めたがる

毎回一括見積もり使って料金出してもらうと、結局仕事がほしいのでどの業者も何度も事務所に電話を入れて上司に確認取りながら料金をどんどん下げてくる現象が起こります。

他社の料金をなんとかして教えてほしい」と懇願、他社の見積り料金よりも少しでも安く設定できないかを画策するわけです。

この作業を何度も繰り返し、最後まで残ったサカイ引越センターさんとゼロワン引越センターという業者さんが、この引越しをゲットするまで帰らない、という状況が生まれました。

見積もりの金額差が初期段階で7万円

粘りに粘って、最終的に5社来ていただいた引越し業者さんの見積もり結果は大体下記のように。

業者名見積り金額
アーク約10万円
アリさんマーク約9万円
アート約8万円
サカイ約3.5万円
ゼロワン約3万円

最初の見積もりの段階では、最高値で10万円、最安値で3万円、差額7万円。

なんでこんなに差が開くのか、ってくらいに料金差額が出ています。

そして勝負はここからです。

アーク、アリさん、アートの営業マンさんは見積もりだしたあと「宜しくお願いします」と言ってスッと帰られたんですが、サカイさんとゼロワンの営業マンさんがここからずっと居座り続けて下記の行動を。

”上司に電話 → ワタシと話す → 上司に電話 → 電卓叩く → ゴニョゴニョ書き込む → ワタシに話す”

こんな状態を繰り返しつつ、サカイさんは最終金額を25,000円で出されて帰っていかれました。

サカイさんには「他社さんには金額だけは、、、何卒お伝えしないように、、、」と釘を刺されていたんですが、コチラも背に腹は変えられない。

そしてゼロワンさんは「自分は絶対に仕事取るまで帰らない」と言わんばかりに居座り続け、結果としてワタシからサカイさんの値段を聞き出し、結果2万円ジャストの見積もり。

全体での差額は8万円にまで開きました。

で、最終ゼロワンさんにお願いすることに。

このように、引越し料金って交渉するだけでどんどん下がるんです。

下がるんです、交渉次第で。

結局赤帽さんは来なかったんですけどこのあたりが限界料金かなっていうのと、これ以上労力を割きたくなかったので近距離引越し2万円で決着。

5万円までは覚悟していたので、予算よりも3万円下げられたし十分。

やっぱり見積もり比較するの超大事だなって今回も実感できました。

近距離の単身引越し見積もり相場料金

市場での相場料金ってどれくらいだろうと引越し侍、スーモなどの実データを元にリサーチしてみた結果が下記の一覧。

【通常期】5月~2月近距離引越しの料金相場
20km以内50km以内
荷物小荷物多荷物小荷物多
3~5万円4~6万円4~6万円5~8万円
【繁忙期】2月~4月近距離引越しの料金相場
20km以内50km以内
荷物小荷物多荷物小荷物多
4~6万円5~7万円5~8万円6~10万円

おおよその目安として相場料金は上記ですが、引越し料金を左右するのはもちろん荷物量や移動距離が関わってきます。

そして上記の一覧でも分かる通り、引っ越す時期が費用に大きな影響を与えます。特に繁忙期は上記よりももっと高くなる可能性も十分あります。

昨今では「引越し難民」なんて言葉もできたくらいに業界は売り手市場。以前と比べて料金も上がってきています。

では、近距離引越しでどれくらいの料金が掛かってくるのか、具体的な移動距離と部屋の大きさで参考になるように事例をまとめてみました。

近距離の引越しでかかった料金一覧実績

単身パック(一人暮らし)で近距離引越しをした人たちの実績をまとめています。

距離はどれくらいか、料金はいくらだったか、どこの運送会社を使ったのか、それぞれの項目別で一覧にしています。

単身引越しを近距離でする場合に見積もり相場価格の比較材料として。

引越し単身パック近距離相場価格実績一覧
業者距離条件料金
アート東京⇒東京 通常期/土日
1K⇒ ワンルーム
55,000
埼玉⇒埼玉 通常期/土日
1LDK⇒1LDK
24,000
神奈川⇒神奈川 通常期/土日
ワンルーム ⇒3LDK
36,000
サカイ東京⇒東京 通常期/土日
1K⇒1DK
24,000
茨城⇒茨城 通常期/平日
2LDK⇒2LDK
68,000
千葉⇒千葉 通常期/平日
ワンルーム⇒1LDK
42,000
ダック東京⇒東京 通常期/平日
ワンルーム⇒1K
32,000
岩手⇒岩手 通常期/平日
3K⇒2K
46,000
千葉⇒千葉 繁忙期/平日
1K⇒3LDK
64,000
ヤマト岩手⇒岩手 通常期/平日
5DK⇒3LDK
24,000
神奈川 ⇒神奈川 通常期/平日
4LDK⇒ワンルーム
24,000
愛知 ⇒ 愛知 繁忙期/土日
2LDK⇒1LDK
50,000
アリさん東京⇒東京 通常期/平日
1LDK⇒1LDK
48,000
東京⇒ 神奈川 通常期/平日
1K⇒2DK
56,000
兵庫⇒ 京都 通常期/平日
ワンルーム⇒ワンルーム
35,000
ハート大阪⇒大阪 通常期/平日
1K⇒ワンルーム
27,000
神奈川⇒ 神奈川 通常期/平日
1DK⇒1DK
24,000
岐阜⇒岐阜 通常期/土日
2DK⇒3DK
34,000
アーク福島⇒福島 繁忙期/土日
2LDK⇒2LDK
62,000
石川⇒富山 通常期/土日
1K⇒2LDK
52,000
埼玉⇒ 東京 通常期/平日
ワンルーム⇒ワンルーム
40,000

荷物が少ない場合の単身引越しは単身パックがおすすめ

単身引越しの場合、各社が「単身パック」や「単身サービス」といったプランを打ち出していますので、積極的に利用したいところ。

荷物量が少なければ格安で引越しを済ますことが可能です。

各引っ越し業者の単身パック
業者名単身プラン最安値料金
日通単身パックS
単身パックL
15,120円~
ヤマト単身引越しサービス
単身引越しサービスミニ
11,000円~
サカイ小口引越便コース10,000円~
ハートミニトラック引越便9,450円~
赤帽ミニトラック引越便13,500円~

ヤマトや日通の単身パックはボックスを使った混載便になるため、日時が指定できないなどのデメリットがありますが、その分料金は考えうる中で一番安くなります。

ただしデメリットとして荷物量がかなり制限される点。荷物多めの場合だと2BOX以上になるため、結果として料金は上がってしまいます。

ボックスに収まりきらない、到着日時をできるだけ早めで指定したい、という場合はサカイの小口引越便サービスやハート引越センターのミニトラック便を利用するのがおすすめ。

また、赤帽も候補に入れておきたいところ。

ただしどこが一番安くなるかは各社の見積もりをしっかり比較する必要があります。

冷蔵庫や洗濯機、家具だけで引越ししたい場合は

「洗濯機や冷蔵庫だけ」と言った家具家電類だけ運んでほしいという場合もありますよね。

そんな人向けにも単身パックを使う方法含めて記事にまとめています。

CHECK

近場なら自分の車で移動するから冷蔵庫だけ、洗濯機だけ、大型家具のみ運んで欲しいっていうニーズは意外とありますよね。一度冷蔵庫だけ友人に渡したことがあります。こちらの記事もぜひ参考に。

冷蔵庫や洗濯機だけ・大型家具のみ格安に引越しする方法と業者別料金まとめ

実際は値段に関わる最大の要因は「引っ越す時期」

大枠で言えば「通常期と繁忙期」、これで約1.5倍~2倍以上料金が変わってきます(ちなみに繁忙期は3~4月の2ヶ月間で、2月もやや繁忙期に入る)。

細かい時期で言えば、月末月初や土日かどうかでも料金が変わります。もちろん月末月初と土日のほうが上がりやすくなっています。

もっと細かく言うと、午前中や午後によっても変わるのですが、要するに引越し業者が忙しい時期かどうかが大きく関わっていることは言うまでもありません。

3月よりも5月のほうが忙しくない=料金も安くなる、土日よりも平日のほうが忙しくない=料金は安くなる、ということ。

そしてこれは業者によって「死ぬ気で超忙しい」「繁忙期だけどたまたまその日はトラックの空きがある」などの条件で変わってくるため、やはり数社の見積もりを取り寄せてみないことには分からないわけです。

逆に言うと、沢山見積もりを取るほど安くなる可能性が上がる、ということに繋がります。

引越し料金は時間とともにドンドン上がる

都内で単身引越しをした際に、業者に見積価格を確認したところ3万円の見積もりが。その後日程をなかなか決められずにギリギリになって土曜日で日程を申請したところ、なんと7万円にまで跳ね上がっていました。

理由は直前でのトラックが多忙により手配できないため外部委託になるためとのこと。これが一日ずれて月曜日なら、予定通り3万円だったんですよね。

結局月曜日に引越しできたため良かったのですが、これほど料金が変わるのかと凄く驚いた体験でした。。

時間が経つほど引越し料金はどんどん上がっていきますよ。

早めはやめに動いたほうが絶対安くなるんです、業者さんに聞いたのですが、確保できているトラックの台数がどんどん減るので、別途手配しなければいけないから、ってことでした。

引越し見積もりで差額が出た人たちの口コミ

口コミを見てもらえば分かる通り、引越し料金ってあってないようなもの。

交渉するだけでどんどん下がるので、激安料金にするためにはやっぱり必須です。

とにかく近場で安く引越しするなら自分でやるのもあり?

軽トラックで自分で引っ越しする?

ミニバンなど大きめの車を持っていたり、レンタカーで軽トラックを借りても1日5,000円くらいなのでこの際自分で引っ越しするか?という考えも全然あり。

ただ、最低でもかかるコストはダンボールは自分持ちで3~4,000円、ガソリン代で1,000円かかるので、どれだけ安く仕上がっても結局1万円くらいはかかります。

自分で引っ越しする際のリスク、結構ありますよ。

自分で引越しする時に考えなければならない事項
  • 移動の際の養生はどうするか?
  • 水回り系(洗濯機設置や冷蔵庫)ができるか?
  • そもそも全部1人で運べるか?手伝ってくれる友などお願いできるか?

ここまでやって削減できるコストは1~2万円です。特に養生が無くて賃貸物件に傷をつけてしまったりしたら元も子もありません。

であれば引越し業者にお願いしてしまったほうが、補償も含めて結果安上がりになる可能性も十分考えられるため、これらを検討した上で自分で引越しするかどうかを決めましょう。

最初の見積金額は高く設定されているケースがほとんど

もともと短距離で単身という条件であれば金額は安いですが、実は引越し会社が提示する最初の金額は「値下げを想定した価格」になっています。

引越し会社は、他社とも相見積もりされていることを前提としていたり、値下げ交渉を踏まえてお客にお得感を出すことを前提として、あらかじめ高めの料金提示をしています。

引越し会社としても当然利益を出したいと考えているのでこれは当然といえば当然。相場料金なんて、あってないような世界なのです。

つまり、はじめから値下げができる確率は非常に高く、さらにそこに他社との価格競争が入ることで、間違いなく料金は下がります。

値下げができることをあらかじめ知っておけば単身引越しの料金は必ず下げることができるので、効率よく相見積もりが取れる「一括見積もりサイト」で比較をする方法が一番オススメ。

業者単体で頼むよりも確実に料金が安くなるのが一括見積もり

ちなみに直近で単身引越しした時の料金見積もりが下記。

業者名見積もり料金
アーク引越センター約10万円
アリさんマークの引越社約9万円
アート引越センター約8万円
サカイ引越センター約5万円
ZERO1引越センター約2万円

かなりの差額が出ました。

でもこれ、元々ゼロワンさんは5万円とか見積もり出していたので、最終的には3万円値引きしてくれたことで安くなったわけです。

現場で各社の見積もり時にかなり競争してくれるので、まずは赤帽に見積もり取る前に一括見積もりを使ってみるのがおすすめ。

特に荷物量が多かったり、距離的にちょっと長そうな感じのとき、あと女性の場合はきちんと業者見積もり取ったほうがいいです。

下記の「ライフル引越し」だと赤帽含めて見積もり取れるから便利でいつも使ってます。

いつも使っているのがライフル引越し!

ライフル

引越しのたびにお世話になっているのがココ。下記はワタシの実際の料金差額ですが、

  • 家族の引越しで約8万円の差額
  • 単身でも10万円→2万円

いつもかなりの差額が出るので、もし使わなかった場合に損した金額と比べて家具類を新調できるほど差額出てます。赤帽が加盟してるのもライフルだけなので、特に近距離の引越しなら迷わずココがいいですよ。


電話番号入力任意の一括見積もりもアリ

「一括見積もりだと電話がたくさんかかってきて嫌だ…」

なんて人も経験上多いハズ。これはワタシもそう思います。

そんな場合に使えるのが「スーモ引越し見積もり」。

スーモ

  • メールアドレスだけでOK!
  • 引越し料金最大50%OFF

一般的な情報入力は変わらないのですが、電話番号は入れなくて、メールだけで見積もり査定を取ることができます。仕事で忙しいしそんな電話取れないし、という方にはこちらのほうがおすすめ。

相場
引越し単身パックナビ – 単身引越しの見積もり料金比較サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました