長距離の単身引越し料金を相場より格安見積もりにするおすすめの方法

長距離引越しで業者さんと交渉

長距離の単身引越しについては、関東から北陸へ引越しした際にMAX10万円の見積もりから2万円まで下げて引越しできた経験があるんですよ。

一括見積もりを使ってまず最初に出てきた料金見積もりの一覧が下記。

一括見積もりで得た料金一覧

大手が高いのは置いといて、特に2.5万円の業者だけ見ても「かなり安い!」と感じたのですが、これまでの引越し経験から更に安くできる可能性が十分にあることを理解していました。

ではどのように2万円まで持っていくことができたのか?方法含めて具体的に分かりやすくまとめてみました。

これからお一人で長距離引越しする方、交渉方法含めてとても参考になると思いますよ。

引越し料金を徹底的に下げるための最低条件を把握した上でできることから取り組む

引越しの料金って「距離×荷物量×時期」で決まるため、長距離の場合は近距離に比べてどうしても料金が高くなるのは致し方なし。

ただ、だからといって絶対高くなるわけではありません。

少しでも安くするためには最低限下記の条件を、「自分ができるかどうかは一旦置いといて」知っておく必要があります。

単身の長距離引越しを限界まで安くするための条件5つ
  • ①日時を指定しないフリー便にする
  • ②繁忙期(3~4月)を避ける
  • ③土日、月末月初を避ける
  • ④荷造りや荷解きは極力自分でやる
  • ⑤引越し会社同士の見積もり価格を競わせる

料金を絶対的に下げるという意味では上記項目を一つでも多くクリアにしたほうがよくて、例えば当たり前の話として荷造りなどを自分でやれば安くなるわけですが、特に重要度が高いのは、②の繁忙期を避けるという点。

でも時期の調整はかなり難しいケースが多いでしょう、そのため③の「土日や月末月初を避ける」という点はできるだけ調整できるとベターです。

土日祝日は引越しが多いため、業者もスケジュール的に忙しく、トラックを別で用意することになるのでどうしても高くなる傾向に。

特に重要度の高い点として、日程調整に幅をもたせることができるなら、①のフリー便にするということと、

⑤の引越し会社同士の見積もり価格を競わせるという点。これは誰にでもできることです。

沢山見積もりを取るほど差額が明確になっていくため、ここから更に安くしてもらうための交渉を行っていくわけです。

交渉と言っても、自ら積極的に動き回るのではなく自動的にかつ勝手に競争をしてくれる方法がありるのでそれをご紹介します。

一括見積りを依頼する前に知っておいてほしいこと

まず前提条件としてよく聞く一括見積もりのデメリット、つまり「ものすごい電話が掛かってくる」というヤツですが、確かにかかってきます。平均5~8社くらい。

で、これを体験した人は「一括見積もりは辞めておいたほうがいい!」という感情論むき出しな意見を言ったりしているのですが、でも安くするためにどうしたらいいかは結局わからずじまいなんですよね。

こういう意見です↓

確かに知らない状態でいきなり沢山電話掛かってくるとびっくりするのはそのとおりだし、誰でもイヤなもの。

だけど、このときの状態っ「感情>理論」になってると思うんです。

どういうことかというと、理論的に安くする方法を知った上でその行動を起こさなければならないのに、「電話が嫌だ!」という負の感情に支配されて、結局料金は高いままで損をする結果になっちゃうんですよね。

いわゆる感情が支配して思考停止状態になってるっていう。

これだと料金は安くなりません。絶対に。だって、比較見積もりする以外に引越し料金を安くする方法なんてないのですから。

特に女性には多いかもしれません。ワタシも女ですので全然気持ちは分かるんですけどね。

男性で理論的に考えられる人の場合の意見はこうなります↓

値下げ交渉し放題だね!


そうなんです、沢山の業者が来るほどどんどん値下げ条件が整っていくんですよね。

一括見積もり恐るるに足らず


これもそのとおりで、約30分~1時間だけ我慢できたら電話タイムは終わります。

使い勝手良い


自分でいちいち業者に電話するほうがよほど疲れますよね。

結果安い料金で引っ越しできている人は、ツールとして一括見積もりを上手に使っていることが口コミを見ても分かります。

だからまずは「嫌だな」っていう感情を一旦抑えて一括見積もりを上手に使うことがおすすめ。

ワタシだっていつも「さて!」と気合をいれてからポチポチっと入力して使ってますよ。

どっちにしても引越し屋さんには訪問してもらって見積もりしてもらう必要があるわけですから、、、たった1時間くらい対応するだけって考えれば全然大丈夫ですヨ。

一括見積もりで伝えるべき重要な交渉ポイントはこの一点のみ

この章はすごくキモというか、料金を絶対的に下げられてかつ労力を最小限に抑えるポイントとなる部分なので可能な限り実践してみてください。

電話が沢山かかってきますが、最終的にこちらから引越し屋さんに伝えるべき点はたった一つ、それは、、、

「○月○日○時に見積もりに来てください」

この一言。
この一点だけ必ず伝えてください。

全業者全部同じ日の同じ時間に来てくださいと伝えるんです。

とても簡単なことです。

ただし若干の日程の余裕は持たせてくださいね。今日電話して明日来てくださいとかそれは無理な場合が多いので。

せめて3日~1週間以内の間で日にちを確定して伝えましょう。

「その日は都合が悪くて」と言われた場合は

もし「その日はちょっと無理なんですよね…」と言われたら「その日しか空いてないんですよ」でOK。

別日程を組むとややこしいことになるので、来れない業者は申し訳ないですがカット。来れる業者さんだけ来てもらいましょう。

もしどうしても無理なら、前後1時間くらいは幅をもたせてもOK。

物理的な人数がそもそも部屋に入れるかどうかは事前に予想しておいてくださいね。

同じ日の同じ時間帯に業者を呼ぶとどうなるのか?

いざ見積もり日の当日。業者さんは律儀に指定された日にちの指定された時間に当然ながら訪問してきてくれます。

当然業者さん同士鉢合わせになるのでお互いに「おっ?」みたいな空気感になるんですが、気にせず「どうぞ~」と見積もりしてもらいましょう。

業者さんたちは黙々と、勝手に見積もり作業を始めますので、こちらは外にでも出てるか、部屋の隅っこでスマホでも見てましょう。

そうするとだんだん見積もりが終わってきますが、パターンとしては下記2つになります。

  1. 見積書だけ作ってさっさと帰る業者さん
  2. 見積書を作ってもなかなか帰らない業者さん

このとき、2の業者さんが複数になるほど好条件が整います。なぜ帰らないかって、絶対にその場で契約を取らなければならないようノルマが課されているためです。

そして、帰れない業者さんが多いほど、勝手に見積もり査定額競争が勃発し始めます。

コチラとしていうべき点は、「一番安いところでお願いしますので」の一言。あとは放おっておいてOK。

希望金額を伝えると業者はその目標に向かって最大限尽力し始めます

最終的には帰らない業者さんが2社とかに絞られてきます。当然今最安値であろう金額よりも安くしないと仕事が取れないってことが分かっている人たちなため、これを聞いてきます。

どのくらいの金額なら任せてもらえますか?

この一言が出てきたら、正直に「この金額で」と答えましょう。

どこかの業者が確実にその値段に沿った金額で見積もりを出してくる可能性激高です。

ワタシが埼玉→金沢の長距離引越しで10万円から2万円までに下がった方法がまさにこれ。

その他単身引越しでも、結婚後の家族引越しでも全部この方法で成功しています。

■個人的な意見を言うと…
「引越し屋さんんになんか悪いなあ」と思ってしまう方は辞めておいたほうがいいかもしれません。

けれども悪いと思う気持ちの結果は「高い引越し料金となって自分に降り注いでくる」ということになるので、、、

どうするかはご自身次第ですが、料金を下げる方法でコレ以上の方法は恐らくないでしょう。仕事を取ってこないと会社に戻れないっていう営業さんは必ずいますので…

ここまでやれば、ほぼ間違いなく料金は圧倒的に下げられますのでぜひトライしてみてくださいね!

長距離の単身引越し相場料金

ここでは定義的に100km以上の移動距離を「長距離」とした上で、単身引越し料金が荷物が少なめの場合と荷物が多めの場合に分けて平均的にかかる料金について一覧にしました。

オフシーズンの引越し料金
100~200km200~500km500km以上
荷物小荷物多荷物小荷物多荷物少荷物多
5~6万円6~7万円6~8万円7~9万円8~10万円10~12万円以上

平均的な相場料金は大体上記の通りなんですが、オンシーズン、つまり繁忙期になるとこの1.5~2倍の料金になってきます。

もちろん値段を決める要因はいくつかあって、主要なのは「距離数×荷物量×引越しの時期」になるんですが、中でも一番大きな影響を及ぼすのが時期。

料金をいくら安くしたいと言っても、特に長距離引越しでは人によってなかなか変えようがない状況も考えられますよね。

できることとしては、

  1. 土日を避ける
  2. 月末月初を避ける
  3. 早めの業者依頼をする

これだけでもまずは可能な範囲でやってみてください。そしてできれば日付に若干余裕をもたせる「混載便プラン」など提示された場合はできる限り受けましょう。

荷物量が少なければヤマトや日通、サカイが打ち出すボックス単位の単身パックを活用したり、アリさんの混載便を検討したりなど。

荷物量が多い場合は、2トン以上のトラックが必要になるため、通常の引越便利用以外に方法はないので必然的に料金は上がってきます。

もし日程的に余裕がある場合はハート引越センターの「長距離ミニ便」を使うことで料金を抑えられる可能性があります。

学生さんの場合なら「学割単身パック」の活用もありでしょう。

何れにしても、自分の荷物量や時期がどの業者に一番安く当てはめることができるのか?どの業者と一番相性がいいのかを見極めなければなりません。

これは実際の見積もりを取ってみないことには分かりませんし、できるだけ数多くの業者を当たることが料金を抑えるための必須事項。

単身パックや混載便の利用でより安く

各社「単身引越しサービス」としてプランを打ち出していますが、実際に分かりやすく単身パックとして明確に料金が安くなるのは下記4社。

料金が明確な単身パックプラン
業者名単身プラン最安値料金
日通単身パックS
単身パックL
単身パックX
16,000円~
ヤマト単身引越しサービス
単身引越しサービスミニ
11,000円~
ハートミニトラック引越便9,450円~
サカイ小口引越便コース都度見積もり

見ての通りかなり安く抑えられていて魅力的かつ明確な料金設定が最大のメリット。メリットなんですが、荷物量は1BOX、つまりかなり少ない荷物の場合にのみ使えるという点がデメリット。

本当にごく少量だけの引越しをする人向けってことですね。

また、荷物が単身パックで収まりきらない場合は、混載便やJRコンテナ便などを活用することで安く抑えられたりもします。

JR貨物の引越しサービス

JRコンテナの大きさは、床面積8m2、容積19m2で、4畳半のお部屋一杯程度のお荷物が入ります。
家具の数にもよりますが、コンテナ1個に1~2人分のお荷物が入ります。
(JRコンテナ内寸例=高さ2,252mm×幅2,275mm×長さ3,647mm)

出典:JR貨物

アリさんのJRコンテナ混載便

長距離エコリーズナブルパック

出典:アリさんマークの引越社 長距離エコリーズナブルパック

ただ、どのコースも料金が明示してあっても見積もり時に絶対に料金変わりますよ。

これは本当に不思議なんですが、書いてある料金より高くなることはあっても、同じ値段か安くなることは一回もないです。

そういう営業手法なのかなって思うしなんだか騙された気分?になることも多いんですが、結局見積もりはちゃんと受けてね、っていうのが業者の言い分のようです。

荷物が多い場合の長距離引越しで使える可能性がある業者プラン

長距離引越しではどうしても通常のトラック便を使う必要が出てきますが、中でも安くなる可能性のある引越しプランについて一覧にしています。

全ての業者で要見積もりになりますが、どの業者を選ぶか見積もり前後の参考にしてみてください。

荷物多めの長距離引越しで安くなる可能性があるプラン

業者名単身プラン最安値料金
アーク引越センター荷物多め単身プラン荷造り~荷解きは自分で
日時指定可
アリさんマーク長距離エコリーズナブルパックアリさん+JR貨物便
日時指定可
サカイ引越センターせつやくコース荷造り~荷解きは自分で
日時指定可
/td>
ZORO1引越センター節約プラン荷造り~荷解きは自分で
日時指定可

「この業者に頼めば必ず最安値になる」というプランはなく、必ず見積もりを取るようにしましょう。

その際にユーザーとしてできることは、できるだけ引越し業者の要望を聞いてあげること。

安くなる要因で業者がよく持ちかけてくるのが下記。

  • 日時指定無し、または前後2~3日での到着は可能ですか?
  • 集荷時間をその日の終日中、または午前or午後で大まかにできますか?
  • そもそもの日程自体をこちらで全部決めさせてもらうことは可能ですか?

見てもらうと分かる通り、これ全部時間帯や日程調整に関する事項ばかりなんですよね。

業者さんの一番のコストダウンは「トラックや人員が空いている時にその隙間を埋めることができるか?」にかかっています。

限られた時間と人員でリソースを最大限に圧縮することでコストを抑えようと努力されているんですね。

これを理解しておいた上で私たちユーザー側もそれに協力できれば、長距離の引越しでも可能な限り費用を抑えられますのでぜひ覚えておいてください。

長距離他の単身引越し相場価格実績一覧

引越会社実績を元に、単身パック(一人暮らし)で長距離引越しをした方々の料金をまとめています。

どこからどこに引越しをしたか、いくらだったか、どこの運送会社を使ったのか、通常期か繁忙期か、曜日、引越し前後の部屋のタイプについて項目別で一覧にしています。

こちらはあくまでも参考程度の金額ってことで見ておいてください。

運送会社距離条件料金
アート千葉⇒福岡通常期/平日
1K⇒ワンルーム
86,000
東京⇒島根通常期/平日
2LDK⇒5K以上
128,000
大阪⇒東京繁忙期/土日
ワンルーム⇒ワンルーム
68,000
サカイ千葉⇒香川通常期/平日
1LDK⇒3DK
84,000
福岡⇒東京通常期/平日
ワンルーム⇒1K
53,000
愛知⇒熊本通常期/平日
1K⇒1LDK
65,000
ダック東京⇒愛知通常期/土日
1K⇒3LDK
48,000
群馬⇒青森通常期/平日
1K⇒5K
118,000
兵庫⇒東京通常期/土日
1LDK⇒2LDK
80,000
ヤマト東京⇒大阪繁忙期/土日
ワンルーム⇒ワンルーム
24,000
福島⇒東京通常期/平日
4LDK⇒ワンルーム
24,800
広島⇒埼玉通常期/平日
ワンルーム⇒ワンルーム
50,000
アリさん東京⇒北海道通常期/平日
2K⇒2LDK
132,000
福岡⇒兵庫通常期/平日
1DK⇒3K
78,000
佐賀⇒長野通常期/土日
2DK⇒4LDK
87,000
ハート大阪⇒東京通常期/平日
1K⇒1DK
67,000
高知⇒茨城通常期/土日
1DK⇒1LDK
85,000
東京⇒山口通常期/平日
1LDK⇒4LDK
68,000
アーク宮城⇒神奈川通常期/平日
1K⇒1K
70,000
福島⇒東京通常期/平日
1LDK⇒1DK
89,000
新潟⇒神奈川通常期/平日
3DK⇒4LDK
32,000

※繁忙期:3月~4月 通常期:5月~2月

長距離引越しした人たちの参考口コミ

長距離引越しをした人たちが感想や値引き交渉した結果などの口コミが多数投稿されています。

意外と参考になりますよね。

トラックの帰り便があるかどうか聞いてみる


これはかなり新しい技!

値切って3万円


そう、できるんですよねこの価格帯。なかなかレアではありますけど。

長距離引越しではハートさんが良かった


確かに安いプランも出していますしね。

29万→19万円まで下がった

50万円→16万円まで下がった


さすがに50万円は相当やられてますね…。

しかしこの値幅なんなんでしょうね。やっぱり引越し料金は値引き交渉するに限りますね!

【要注意】最初に出される見積もりは安い場合がとっても多い

引越し会社は一括見積もりを通じて見積もりを出す場合に、特にメールの場合は異常に安い料金提示をしてくるケースが多いです。

実際冒頭で紹介したメールの金額は全然当てにならず、実際見積もりしてみたらどの会社もかなり高く出してきました。最大で10万円の見積もりもありました。

まあそういうもんなんでしょう。仕事を取るためには、最初は安く見せておかないと食いついてもらえないので…

また、一括見積もりサイトを通じていることで、他社と比較見積もりされていることも事前に分かっているため、やはり最初は他社金額よりも下げ幅を大きくして交渉の土台に乗り、その後で最終的に決めてもらうための材料にもしていたりするはずです。

ワタシも昔営業をやっていたので彼らの気持ちもなんとなく分かりますし、営業ならそうせざるを得ないでしょう。

運送会社は全国に6万件超。コンビニよりも多い件数の会社がしのぎを削って価格競争をしています。

つまり、私たちユーザー側としては、ほぼ確実に値引きを引き出して引越し料金を安くすることができるために、他社比較をした上で競争させない手はありませんよ。

電話は絶対に嫌なんだよ~!って場合は下記「SUUMO引越し」を使ってみよう

「一括見積もりの電話マジ無理。そもそも日中電話忙しいしそんな電話出られない」って場合があるかもしれません。

その場合は文末で紹介している「スーモ引越し」使ってみてください。電話番号入力任意の唯一の一括見積もりサービスです。

ただ、最後はやっぱり訪問見積もりしてもらわないと正確な料金、出ませんので…

遅かれ早かれの問題だけなので、どうせなら電話もしっかり受けて、早めはやめに動いたほうが結果安くなりますよ!

ちなみにワタシが直近で単身引越しした時の料金見積もりが下記。

業者名見積もり料金
アーク引越センター約10万円
アリさんマークの引越社約9万円
アート引越センター約8万円
サカイ引越センター約5万円
ZERO1引越センター約2万円

めちゃくちゃ差額出てますでしょ。

でもこれ、元々ゼロワンさんは5万円とか見積もり出していたので、最終的には3万円値引きしてくれたことで安くなったわけです。

現場で各社の見積もり時にかなり競争してくれるので、まずは赤帽に見積もり取る前に一括見積もり、使ってみると良いですよ。

特に荷物量が多かったり、距離的にちょっと長そうな感じのとき、あと女性の場合はきちんと業者見積もり取ったほうがいいです。

下記の「ライフル引越し」だと赤帽含めて見積もり取れるから便利でいつも使ってます。

いつも使っているのがライフル引越し!

ライフル

引越しのたびにお世話になっているのがココ。下記はワタシの実際の料金差額ですが、

  • 家族の引越しで約8万円の差額
  • 単身でも10万円→2万円

いつもかなりの差額が出るので、もし使わなかった場合に損した金額と比べて家具類を新調できるほど差額出てます。赤帽が加盟してるのもライフルだけなので、特に近距離の引越しなら迷わずココがいいですよ。


電話番号入力任意の一括見積もりもアリ

「一括見積もりだと電話がたくさんかかってきて嫌だ…」

なんて人も経験上多いハズ。これはワタシもそう思います。

そんな場合に使えるのが「スーモ引越し見積もり」。

スーモ

  • メールアドレスだけでOK!
  • 引越し料金最大50%OFF

一般的な情報入力は変わらないのですが、電話番号は入れなくて、メールだけで見積もり査定を取ることができます。仕事で忙しいしそんな電話取れないし、という方にはこちらのほうがおすすめ。

相場
引越し単身パックナビ – 単身引越しの見積もり料金比較サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました