引越し単身パックナビ – 単身引越しの見積もり料金比較サイト

単身引越しをギリギリまで安くするためには、

「出来るだけ多くの引越し業者から見積もりを取るか」に全てが掛かっています。

比較見積もりを取ることで、ほぼ100%の確率で引越し料金を安くすることが可能です。 見積もり比較サイトでの値引き実績(単身引越し)

条件比較した業者見積額の幅差額
都内→都内3社2.4万円~
1万円
14,000円
北海道→千葉6社20万円~
7.5万円
125,000円
愛知→大阪5社1万円~
4.5万円
55,000円

一括見積もりを使うとなぜこんなに安くなるの?

複数社に無料で引越し単身パックの見積もりが一括で取れる比較サイトですが、上記実績の通り、最初に見積もりをしてもらった引越し業者よりもほぼ確実に料金を下げることが出来ます。

どうして料金が安くなるのか、ポイントとなる理由は3つ。

①他社と比較されることが前提のため

一括見積もり比較サイトに参加している引越し業者は、他社の見積もり金額と比較されていることを前提条件として参加しています。

つまり、他社よりも高い金額で見積もりを出せば、ほぼ間違いなくお客さんを持って行かれてしまうことも分かっているということです。

その場で安い引越し料金を出さなければ、仕事自体がもらえなくなるため、必然的に見積もりは下げざるを得ないということに。

②業者ごとに安くなるタイミングがある

引越しは繁忙期と閑散期を繰り返していますが、業者ごとでもタイミングによってトラックの空き状況や人員の配置状況に隙間の有無が発生します。

トラック&人員配置の余裕が無ければ外部からトラックを借りたり、アルバイト人員を増員する必要があるため、必然的にコストが上がります。これはそのままダイレクトに顧客の料金へ反映されてしまうことに。

つまりこの空き状況有り無しの業者を探せるかどうかが鍵になるわけですが、一括見積もりを使えば秋のある業者に当たる可能性がグンと上がるため、大きな料金差が発生するというわけです。

③比較できる引越し業者は大小100社以上

一括見積もりサイトに登録している引越し業者は大手から中小まで100社以上。

有名どころの業者から自分が住んでいる中小零細企業までさまざまな引越し会社が登録しているため、大手ではどうしても下げられないコストが中小では下げられることもよくあることです。

引越し単身パックの見積比較のポイント

料金に目が行きがちな引越し単身パックの見積もりですが、①料金、②サービス、③保証、この3つのポイントを必ず比較しましょう。値段が安いのはもとより、ダンボールやガムテープ、ハンガーケースの無料配布、オプションならエアコン取り付け取り外しサービスなど。万が一荷物の破損トラブルに対する保証制度の充実度合いについても事前に必ず確認することが大切ですね。

主要引越し業者単身パックプランと詳細

業者単身パックプランポイント
アート・基本コース
・レディースパック
・学割パック
電気開通サービス
住所移転届けサービス
不要品回収オプション
サカイ
・らくらくコース
・せつやくコース
・ご一緒コース
ダンボール50箱無料
不要品買取サービス
盗聴器発見サービス
ヤマト
・単身引越しサービス
・単身引越しサービスmini
1BOXに収まれば格安
平日・早期申込み割引有り
WEB割引有り
アリさんマーク・ミニ引越し
・特ミニ引越し
・超ミニ引越し
ミニ引越しは同一区市5km以内
プランが細分化されている
荷物が少ない人向け
ハート・スタンダードプラン
・エコノミープラン
・パーフェクトプラン
不要品無料引取
工事負担なしネット回線取次
電気工事サービス
アーク・ミニ引越しプラン
・ミニ引越し長距離プラン
・荷物多めプラン
・全てお任せフルフルプラン
荷物一時保管可能
不要品処分サービス
距離別でプランが別れる
日通
・単身パックS
・単身パックL
・積んでみる1.5m3
・単身パック当日便
1BOXに収まれば格安
各種割引制度あり
逆に割増料金もあり
赤帽
赤帽引越し便距離と荷物量が少なければ格安
作業員が1名なのがデメリット
長距離引越しには向かない
ゆうパックダンボール発送ダンボールのみで引越しする場合
ダンボールに入らないものはNG
CHECK

単身引越しならどの業者を選べばよいか?どこか一番安いかなど詳細についてまとめています。
https://www.chateau-de-lisle.com/hyouban/

距離数と人数別で相場料金を知っておく

引越しで料金に影響を及ぼすのは、「①移動距離×②荷物量×③時期」の3つ。

今から自分が引っ越しをする際に、どれくらいの料金が掛かりそうなのか、距離数と人数別の相場料金は事前に知っておきたいところ。

業者からの見積もりを取る前に料金を把握しておくことで、出てきた見積もりが高いのかの目安にできますので、引越し前に目を通しておいてください。

CHECK

近距離、長距離、単身者、家族(人数別)別で相場料金をまとめています。
https://www.chateau-de-lisle.com/souba/

家具だけで引越ししたい場合は

単身赴任や学生さんの新生活をスタートする場合、必要な家財道具は現地で調達するため荷物量が少ない。だけど冷蔵庫や洗濯機、大型の家具だけ運んで欲しい。

そんな時にどの引越し業者が一番安く済むのかも気になるところですよね。

CHECK

家具だけ引越しする場合の注意点や事前に知っておきたい料金などについても詳しくまとめています。
https://www.chateau-de-lisle.com/reizouko.html

不要品回収や買取も同時に依頼で上手に単身引越し

引越しでやっかいなのが不要品や粗大ごみなどの廃棄物。これらの処理についても、比較サイトで見積もりをとれる引越し会社のほとんどが対応しています。

また、サカイ引越センターやハート引越センターでは不要品の買取サービスも行っています。引っ越し単身パックの見積もり取得と同時に、不要品回収や買取サービスについても同時に頼むと手間が省けますよ。

何れにしても、第一優先は「総合的にどこが一番安いか」に尽きます。

引越しが決まっているなら、できるだけ早い段階で一括見積もりサービスを使って料金比較しておいてください。

引越し単身パックナビ – 単身引越しの見積もり料金比較サイト
タイトルとURLをコピーしました